少し帰りが遅かったのでほんの少しだけ家でT6練習。肩腕手首が固くならずに飛ばせるように動作の確認。

初っ端で手首の硬さを感じたのでセットアップ時ダーツを少し縦に持つ。テイクバックの時に水平になるようにする。温まって緩くなってきたら水平→水平。

肘はつい内側に(右利きなので左側へ)入ろうとするので少し右へ。僕の場合「肘をD3、手首をブル」ではなく「肘をD17気味、手首をブル」の方が楽でよく入る。


コントロールがきかなくなった時に気にするのが肩こりだ。肩こりを瞬時に取る魔法はないが、肩甲骨周りをほぐすだけでダーツをコントロールしやすくなった。これは気のものかもね。

「肩甲骨はがし」で知ったストレッチを思い出した順に2〜3種類。相手が1スロー終えて戻ってくるまでに出来る程度で。